〒104-0033東京都中央区
新川1-28-25 東京ダイヤビル3号館1F

03-3552-8000

Web予約

ダイヤビル歯科 ダイヤビル歯科

入れ歯Dentures

入れ歯の種類

入れ歯は大きく「総入れ歯」と「部分入れ歯」に分けることができます。

総入れ歯(総義歯)

全部の歯が抜けている場合、総入れ歯となります。『床』と呼ばれる土台となる部分の材質によって様々な特徴があります。それぞれ、フィット感や熱の伝わり具合などが違うので、お口の中の状態や普段の生活、食事の嗜好などにより、選ばれることをお勧めします。

部分入れ歯(部分床義歯)

歯が1本または数本抜けている場合は部分入れ歯になります。抜けている歯の場所や本数、材質、お口の中の状態などに合わせ、様々な種類があり、状態に合ったものを使うことが快適な生活に繋がります。

当院では患者様に最も適した入れ歯をご案内・ご提供いたします。

入れ歯の材質

ノンクラスプ・デンチャー自費診療

従来の入れ歯にあったような金属のバネが無く、半透明の材質なので装着しているように見えず、目立たない入れ歯です。硬くないため心地よく装着していただけます。 また、金属を使用していないので金属アレルギーの方でも安心して使用して頂けます。

金属床義歯自費診療

歯ぐきに触れる部分が金属で作られている入れ歯です。 金属にすることで入れ歯を薄くすることができるので、保険適用の入れ歯よりもしゃべりやすかったり、食べ物の温度も伝わりやすく、おいしく食事ができます。 金属なので耐久性に優れており、残っている歯への影響も少ないです。

レジン床義歯保険適用

歯ぐきに触れる部分がレジン(プラスチック)で作られた保険適用の入れ歯です。 食べ物の熱さや冷たさに対する熱伝導が悪く、強度を保つために厚く、大きめに作らなければならないので違和感があったり、しゃべりにくいという難点があります。しかし、保険適用なので安価で、ほとんどの症例で使用できるといったメリットがあります。

診療内容
Treatment

 ダイヤビル歯科までのアクセス
 ダイヤビル歯科までのアクセス

pagetop