〒104-0033東京都中央区
新川1-28-25 東京ダイヤビル3号館1F

03-3552-8000

Web予約

ダイヤビル歯科 ダイヤビル歯科

インプラント症例集Implant case

インプラントケース1

術前
術後
主訴 右上1番の外傷の患者様です。他院にて抜歯、仮歯をつけてもらったとのことでした。
ブリッジによる治療は受け入れられず、インプラント治療を選択されました。
治療期間 概ね半年
治療費 45万円
先生のコメント お色味も他の歯と合い、患者様も非常に満足されました。
注目していただきたいのは黄色矢印の部分です。
これは上唇小帯と言われる部分ですが、このまま最終的な冠を装着するとブラッシング時に、歯ブラシが当たってうまくお掃除できません。
インプラントのオペと同時にこの上唇小帯も切除し、メンテナンスしやすい環境を提供することができました。
治療のリスク インプラント治療のため、外科的な侵襲が少なからずあります。

治療経過①

技工士さんと相談し、最終的な被せ物を想定したものです。ピンク色は、歯肉が足りないところを示しています。

技工士さんと相談し、最終的な被せ物を想定したものです。
ピンク色は、歯肉が足りないところを示しています。

治療経過②

歯を抜くと周りを支えている組織(歯周組織)も失われるため、土手(歯槽堤)も失われます。
そこでインプラント埋入後、足りない歯肉を増生しました。
これを、結合組織移植術と呼びます。 軟組織を増大することにより、審美性はもちろん、清掃性の向上にもつながります。歯ブラシしやすい方がいいですよね!

治療経過③

歯肉増生後の写真です。 歯肉の幅があるのがお分かりになると思います。

ご自身の歯が複雑な色調だったので、再現性のため色見本をベースにお色味を写真に収め、技工士さんに伝達します。
当院では歯肉の色から色見本をとります、天然歯は歯肉の色を拾うからです。

インプラントケース2(インプラント+ジルコニアクラウン)

術前
術後
主訴 右上1番にサイナストラクト(膿)ができた、と来院されました。
治療期間 概ね半年
治療費 55万円
先生のコメント 根管内をマイクロスコープで確認してみたところ、破折線を認めました。
深いところまで達していたので抜歯と判断しました。
患者様も術前より綺麗になったと非常に満足されていました。
当院では根管治療、いわゆる根の治療に関しましてはすべて歯科用顕微鏡、マイクロスコープを用いて治療しております
大切な歯です、できる限り保存に努めますが、垂直的に割れている歯は保存が難しいです。
その診査診断のツールの1つとしてマイクロスコープは非常に威力を発揮します。
治療のリスク インプラント治療のため、外科的な侵襲が少なからずあります。

治療経過①

実際に抜歯した歯牙を確認すると、割れているのが見て取れます。

実際に抜歯した歯牙を確認すると、割れているのが見て取れます。

治療経過②

インプラント埋入後、軟組織のボリュームが水平的に失われていたので軟組織増大術(結合組織移植術)を行いました。(黄色矢印)
仮歯を装着後軟組織の成熟を待ってから最終的な冠をセットしました。
左の写真が仮歯を装着したところです。

インプラントケース3(インプラント+ジルコニアクラウン)

術前
術後
主訴 右下に部分入れ歯を使用なさってた患者様です。
右下の親知らずを使った部分入れ歯でしたが、深い虫歯により抜歯後、固定式のインプラントが良いとのことで来院されました。
術後は、固定式のインプラントになり、なんでもよく噛めるとおっしゃっておりました。
治療期間 概ね半年
治療費 150万円
先生のコメント 手前側の金歯には入れ歯の留め金が入る様細工がされてあったため撤去し、新しくジルコニアクラウンを
装着しました。ほとんど天然歯と変わらない色味です!
治療のリスク インプラント治療のため外科的な侵襲が少なからずあります。

治療経過①

インプラントオペ時には、場合によって上の写真の様なサージカルガイドを用います。(通常のオペはサージカルステントを用います)
サージカルガイドはPC上でインプラントを置きたいところに設置すると、それに沿って実際のお口の中に正確にインプラントを埋入できるという装置です。
当院ではシビアなケースで用いております。

インプラントケース4(インプラント+再生療法)

術前
術後
主訴 左下7番(X線の一番右の歯)が腫れて痛むとのことでご来院されました。
治療期間 概ね1年
治療費 55万円
先生のコメント

X線上、歯周組織検査の結果から抜歯と判断させて頂きました。
患者さまは右下6番にインプラント治療を希望されたので、オペと同時に右下5番の再生療法をご提案いたしました。理由としては手術が1回で済むからです。
右の写真はオペ後2年経過後のX線ですが、骨が再生しているのがわかります。(黄色矢印)
黄色矢印の部分は、骨がありません。

治療のリスク 再生療法はうまく骨再生しない場合もあります。

治療経過①

抜歯後手前側の4番目、5番目の治療をしているところです。実はブリッジを切断して7番を抜歯すると右下5番は若干動くような状態でした。

この写真はセット後の写真です。

 ダイヤビル歯科までのアクセス
 ダイヤビル歯科までのアクセス

pagetop